訳ありでご飯を食べたいときこそパパと出会う?

Jメールは晩ごはん代を節約したいときにお小遣いまでちゃんとくれるパパと出会えるサイト

Jメール ホテル デザート

Jメールは、すでに18才以上の男女が合わせて約600万人以上も使っているよく知られているマッチングサイトです。

男女比は6対4で男性が少し多めな比率のおかげで、どちらにも偏り過ぎないため安定した運営ができています。

 

登録後から女性であれば、たとえばメッセージの送受信・掲示板の書き込みや投稿・閲覧・写メの投稿や閲覧など、すべての機能が完全無料で使えますよ。

 

なんと、パパと出会えた際には、2人だけでお酒や美味しいものを食べるだけなのに、お小遣いとして2万円以上くれることも多いです。

 

登録後にはまず年齢確認があり、免許証・保険証・パスポートなどの生年月日や発行元をスマホなどから写メにして、指定されたメールアドレスへ送信すると、運営元が目視で確認し承認されたら使えるようになります。

 

プロフィールでは、見た目や性格、デート場所などを含むどんなパパとの出会いを望んでいるのかを書いておくことで、最初の出会いができますよ。

 

※さすがに利用規約でお金のことを書くことはできないです。

 

「身体の関係なしで、まずはお茶か食事でも行ける優しい人との出会いを望んでいます。」
「おさわり程度ならありです。
経済的にきちんと自立している大人のパパさんとの出会いがあればいいなと思います。」

 

となど書いておくと、見つけてもらいやすいですよ。

 

出会ってからでも遅くはないのですが、身の上話をしつつお小遣いの交渉することで1から5万円のお小遣いをもらえて帰宅できます。

 

今から優しい人との素敵なデートを次々にしてくることで、今を乗り切れますよ。

 

>>18才以上の方はコチラ<<

 

Jメールの詳細はどうなっているの?

 

JメールJメールは、ガラケー・スマホ・アンドロイド携帯・タブレット・そしてパソコンなど色々な端末からログイン可能です。

 

ログイン後はIDとパスワードさえあればどの端末からでも利用できます。

 

IDは電話番号なのですが、自動音声で登録することになります。

 

Jメールの特徴!

Jメールではアダルト出会い掲示板と誘い飯掲示板の2種類がよく使われています。

 

ちょっとエッチな内容をやりとりしている人が多いのはアダルト掲示板ですね。

 

逆によくパパ活している女性が使っている誘い飯掲示板であれば、パパ活に向いていてご飯を食べに連れて行ってくれるパパを探しやすいです。

 

誘い飯掲示板

 

Jメールの料金の安さは?

Jメールは男性はすべて有料なのですが、女性はすべて無料で見ることができます。

 

 

安全性は?

Jメールはサクラをまったく使っておらず、また業者による勧誘や宗教の勧誘等があればすぐに強制退会処分にするなどして動いてくれます。

 

匿名性は?

Jメールは、匿名性がとても高いため知り合いや身内にまずバレることはありません。プロフィールに必ず写メを載せる必要もないです。

 

誘い飯掲示板でご飯に誘われた書き込みをしておくだけで、普通に色々なパパから返事がもらえるので気軽です。

 

男性会員はどうやって募集しているの?

Jメールは、男女ともに雑誌や看板、トラックなどで宣伝しています。

 

また、有名なテレビでもちゃっかりと看板が登場してあったりします。

 

JメールJメールJメール
テレビ(アメトーク) バルーン広告!              宣伝トラック!

 

Jメールのここが凄い!
Jメールは14年以上の運営暦のある出会い系サイト!

 

Jメールは有人サポート付き!

 

メールでのサポート相談は有人にて対応中です!

 

Jメールの運営会社は?

 

・番組名:ミントC!Jメール

 

・運営事業名:有限会社エムアイシー総合企画

 

・東京オフィス:東京都中央区銀座8-9-16

 

・福岡オフィス:福岡市中央区警固2丁目18-5

 

・運営責任者:島田 慎太郎

 

 

ここまでをまとめてみますと・・・

 

・Jメールは、パパと出会ってご飯をごちそうになるだけで、お小遣いをもらえる出会いが流行っています。

 

・アダルト出会い掲示板より誘い飯掲示板を使う方が変態パパから連絡が来ないので、安心して会いやすいです。

 

・女性は無料で使えます。

 

 

>>18才以上の方はコチラ<<

 

パパになってくれる人は優しい人ばかりいますよ。

 

さすがにパパ活は1つの出会い系サイトしか会員になっていないと、さらに優しいパパは他にもいるハズなのに、という悩みを抱いてくるようになります。

 

そこで、ワクワクメールとの併用をオススメしています。

 

ワクワクメール

 

 

 

 

 

page top