焦りは禁物!だけどその方がくれるお金が厚くなるんです

高額なお金をくれるパパとおばさんでも出会いたいときは?

さすがにパパ活するなら財布の中にスッポリと収まってしまうような少額なお小遣いをもらい、「これなら明日か明後日には使い切るだろうね・・・」と思いながら帰るようなそんなみみっちい事言わないでもっと高額なお小遣いをもらいたくなりますよね。

 

いくら若い女の子じゃなくても、わずか5千円程度のお金しかくれないようなパパじゃケチすぎてケチすぎてやってられない・・・

 

そう思っているおばさんにこそちゃんと会えるパパ活のやり方がありますよ、知っておくだけでもいつか使ってみたいと思えるようになりますし、今すぐ実践するだけでネットですでに知られているやり方よりもびっくりするほどお小遣いをもらえるようになるんです。

 

おばさんと言えば、30代後半から50代前半くらいのこれからが鼻盛りと言う年代の女性じゃないですか?

 

そういった大人の女性たちが出会いを探すケースが若者よりも圧倒的に多いです。

 

さすがに、おばさんになると社会のしくみをよく知っているとは思います。

 

「男性なんてエロ目的じゃないとお小遣いをくれないだろうな・・・」

 

と思うかもしれないですが、さすがに必ずしも身体を求めているようなパパばかりじゃないと言うことを知っておけば大丈夫です。

 

どういうことかと言えば、すでに50代から60代の男性を狙えば良いだけです。

 

この世代の男性は、すでに女性関係がだいぶ減っていますし、さらに家族仲も微妙な関係なんてよくある話なのです。

 

「お金は持っているけど、何となく暇だし寂しい・・・」そんなパパたちが向かっているのが出会い系サイトです。

 

ですので、出会えたパパとは最初はノーマネーでも良いので、できるだけ褒めておけば良いんですよ。

 

パパたちは自分が社会や家族にこれだけ貢献してきたかを語る傾向が強いので、

 

「素敵な人だ」「頭が良いんですね」とか言ってあげるんです。

 

そこで、パパが照れているようであればまさに前進あるのみ、次回に続くのですが、2度目のデートでは「実は、私困っていることがあってね」と切り出すようにするんですよ。

 

健康不安でも、アパートの家賃が足りないなど何でもOKなので相談してみることにします。

 

出会い系サイト内ではパパ活として会いたいと言って出会うのは良いのですが、まるで借金取りのようにお金お金と言ってしまうとパパがドン引きしてしまうので、会ったときはそこは黙っていただけなのです。

 

パパにとっては、久しぶりのいいムードですから現金の10万円程度助けてくれるなんてよくある話なのです。

 

今じゃパパ活アプリが乱立してありますけど、だからと言ってパパになりたい男性がすべて良い思いをしているわけではないと言うことを知っておかないといけないです。

 

だからこそ、最初に褒めておくのは、あまり良い思いをしていないパパの心を満たしてあげるためです。

 

ちなみに、パパに打診するときはお弁当でも作って食べさせてあげればなお良いでしょう。

 

心に見事響いただけで、現金が5千円とか1万円とか薄っぺらな金額じゃなくなるのですから、ちょろいものでしょう?

 

page top