パパ活の相場はえぐいほど下がってきているからもらえるうちに急いで出会っておく!

パパ活の相場はえぐいほど下がってきているからもらえるうちに急いで出会っておく!

パパ活の相場はえぐいほど下がってきているからもらえるうちに急いで出会っておく!

パパ活とはおばさんでもよいので会いたいおじさん(パパ)たちとデートして、お小遣いをもらって帰れる副業ですよ。
今ではよく知られている出会い系サイト(マッチングアプリ)にログインしては、遊びたくてメッセージを送ることでアプローチをしてくるのです。

 

もちろんパパがメッセージを送る場合は、どうしても視点が狭くなりがちです。
このためおばさんでも積極的にメッセージを送り、アピールしてあげると周りに比べて早く会いやすくなりますよ。

 

しかも、最初の出会いはごはんやお茶程度で大丈夫です。
大人の関係とよばれる身体の関係にならなくても余裕で会いに行けますね。

 

ただしパパからすれば、間違いなく財布をもってデートしに行く必要があります。
パパが最初の30分程度で終わる顔合わせのデートだけで相場はえぐいと思ってしまうのは、とくに最初の顔合わせからお金が必要だからかもしれないですね。

 

ワクワクメール
(ワクワクメールにて)

 

まだ18から20才くらいの若い女の子なら1万円程度あげたとしても別に大したことではありません。
(高校を卒業している人のみ)

 

さすがに年齢が上がってくると、顔合わせではお小遣いが減る傾向もあります。
初回1万円のお小遣いが30代に入ると5千円になったなんて場合もありますね。
今では見た目がブスだと美人に比べて厳しいことをいえば0円なんてこともあります。
だけど2度目のデートでは最初の何倍ものお小遣いをもらえる場合はよくありますよ。

 

なぜなら2度目からは本当に気に入った女性しかデートしないためです。

 

最初は5千円程度を渡していたおばさんに対しても、継続的に相手をしていこうとなると1万円は少なくとも掛かってきます。
身体関係を持つのであれば相場はあまり下がっておらず、2万円くらいは用意してもらえるようになるのです。

 

パパ活する際のデメリットを克服するには?

 

身体の関係になりたいおじさんは圧倒的に多く居ます。
しかも1番最初からホテルへ行こうとするおじさんは辞めた方がよいでしょう。
やっぱり知り合いでも友人でも恋人でもないために、どこか適当に扱われてしまいやすいためです。

 

だからと言っても何度もごはんに連れて行ってもらえたパパだと、さすがにお金を積まれても身体の関係はない方が、なんだかんだで一番ノーリスクで継続的に続けられますからね。

 

パパ活は引きこもり気味の女性にとってもメリットがある!

 

今は30代から50代あたりの中高年(大人)の引きこもりは増えていますが、部屋で引きこもったままの状態はとてもつらいと思います。
また良くて病院やずっと身内のみとだけしゃべるのは結構きついですからね。

 

お金を持っているおじさん(パパ)と接触するようにしていくだけで、物の見方が変わるだけではなくて、楽しいことが見つかりやすくなります。

 

普段は、あまり豪勢な食べ物を食べた経験がなくてももう大丈夫です。

 

パパに少しずつおいしい物をごちそうしてもらい、またお小遣いも少しは手にできるようになると、顔色が少しは良くなるような感じがあり得るかもしれないですよ。

 

パパ活の相場がえぐいほど下落している理由とは?

 

コロナ禍では政府からの補助金(助成金)や借り入れの返済免除などの優遇措置が多くありました。
だけどコロナ禍から日常生活を取り戻すようになってきた今、補助金(助成金)がまずなくなっています。
また、今後は借り入れの返済が再開されるのもパパからもらえるお手当が減る原因の1つですね。

 

ただし、今ならまだ大丈夫です。
また、収入がいくら減っていてもコロナ禍なのに遊んでいたパパたちが辞めるはずもありません。
結局、おばさんだとしても甘えてくれる女性に対してはついついお金をつぎ込んでしまいます。

 

パパ達がまだまだ元気よく会ってくれている今を逃すのは、宝の山を見つけたのに諦めているのと同じですね。

 

すぐにパパと会って来られる出会い系サイトを紹介しますよ。

 

Jメール
ワクワクメール