パパが私に夢中になり過ぎてヤバいかもってときの別れの切り出した方

パパ活でパパとの縁を切る方法

パパ活をする上で、一番面倒臭いことを言えば、パパとの縁を切ることです。

 

パパにとってはお金をあげている以上は、徐々にですが情が湧いて来ることがあります。

 

まるで株みたいなもので、つぎ込んで行けば行くだけリターンが欲しくなるものです。

 

そこで、そろそろこのパパとはもう良いかなと思ったときにこそ、逆にパパは驚いてしまいいろんな方法で女の子の気持ちを留めておきたくなるものです。

 

泣き落とし作戦

 

パパが電話で泣くことですり寄ろうとする方法です。

 

怒り作戦

 

むしろ怒ることで続けていこうとする方法です。

 

お金返せ作戦

 

お金を本気で返されても困るけど、それでどうにか心を繋ぎ止めることができればと言う方法です。

 

次は、

 

電凸作戦

 

要は、女の子の住所を知っていれば向かおうとする完全に嫌がらせ作戦です。

 

警察に相談しようにもパパ活自体はグレーなので、まずパパ活していることを問い詰められてしまう恐れがあります。

 

ですので、パパ活するときは住所を教えてはいけないです。

 

では、どうすれば身を守れるのか?

 

連絡を徐々に取らないようにしていくことが最大の防御方法です。

 

例えば、毎日連絡をしていたのを1日起きに変えていく、そのうち1週間以上連絡を取らないようにしていけば、パパもこの娘とは終わりそうだなと納得していくようになるのです。

 

一番してはいけないのは、ある程度仲良くなってしまい確実にパパがゾッコンになったときに即切りすることです。

 

そういうときでも徐々に離れていくようにすれば、パパがいない状態に慣れていきますし、別の女の子を見つけてくれるようになります。

 

要は、パパにとって頭の中で”俺は付き合っている女の子がいる”と言うイメージが突然0になってショックを与えない方法なだけです。

 

もっとすぐに切る方法で言えば、

 

・引っ越しするのでさようなら

 

・親が入院して看病しないといけなくなったから会えそうにない
のでさようなら

 

などですね。

 

日頃から、もしもこのパパを切る日が有るとしたらどうやって切れば良いのかを考えておくのは悪いことではないですよ。

 

さすがに、将来一緒に住むような彼氏ではないわけですからね。

page top