パパが一番求めていることを叶える必要はないのがパパ活の鉄則!

パパ活するなら円の意味を理解しておく!

パパ活と言えば、ゆとりのあるおじさんが女の子とデートしたい!女の子はつい最近まで全く知らないパパでも良いからお金を早くもらいたい!と言う男女ともにメリットが合致したことで、すでに知る人ぞ知る出会い方となっています。

 

そこで、登場するのが、”円”と言う略語ですね。

 

円とは何か?

 

それは、援助交際の略語です。(一時期流行った漢字を”円光”にした略語の可能性もあります。)

 

さすがに”援”と言う言葉を使うことは出来ないので、”円”にしただけと言うある意味分かりやすい言葉です。

 

パパ活ってご飯をごちそうしてもらってお小遣いをもらうだけの簡単なバイトでしょう?

 

なぜ”援助交際”と関わりがあるのと疑問に思うパパ活初心者の女の子もいるかもしれません。

 

ですが、パパにもいろんなパパが居て、ご飯だけなら5千円!本番ありなら1.5万円追加してあげるよ!を皮切りに最大5万円ほどあげるよ!とすでに財布の中にはかなりの金額を持って会いに来る予定のパパは普通にいます。

 

普通の女の子がご飯食べて5千円とかどんだけ良くても最大2万円を超えることがないデートだけでは、毎日するわけではないので、どうしても月に直すと10万円を越えないし、結構いろんなパパがいると、このパパとは相性が合わないから早くお小遣いをもらって帰りたくなる場合だってちょこちょこ増えてくるんですよね。(可能性は0%ではないですけどイケメンの男性に会いに行くのとは違うんですよ。お金をあげなきゃ内面がいくら良くても相手してもらえないおじさんと会いに行くのですから、そりゃお金だけを見てしまうのは仕方のないことです。)

 

お金がもらえるのは嬉しいけど、それならもっと手っ取り早くその分だけ稼げれば他の日は別のことできそうだし・・・

 

と、人間って怖いものでドンドン効率性を重視して来るようになっていきます。

 

となると、行き着く先の援助交際となりやすいですね。

 

現に、パパ活(身体の関係あり)で月100万円を超える報酬をもらえている娘は都内や大阪などの都市部では普通にいますからね。

 

パパ活をして入れば、必ずパパ経由からいろんな情報が入ってくるようになります。

 

そこをグッと堪えてずっと援交より確実性を求めて手堅いお小遣いで良いからご飯デートだけのパパ活をするのかそれとも円をはじめるのかは女の子次第です、私は円まではさすがにしない方が良いとは思いますけどね。

 

キャバ嬢やホステス嬢、スナック嬢のお店の素人版みたいなものです。

 

しかも、パパと2人だけの関係ですからパパからもらえたお金や買ってもらえた服などはすべて女の子のものです。(もちろんもらえたものは返す義務は法律的にもありません。)

 

出会い系サイトで円をしたいときは、”大人の交際”と今は言っていることが増えています。

 

さすがに円だとみんなにバレてしまっていますからね。

 

常に言葉はあまり認知されていなければグレーで、みんなが知ったら駄目!と言うようなイメージで次々と新しい言葉が出ているだけですよ。

 

しつこいパパとの縁を切る方法も合わせて読んでおく!

page top