法律を守ってパパ活することで安全にできるようになる!

パパ活したいけどできる年齢は何歳からなの?

パパ活なんてTwitterを見れば、未成年かもしれない女の子の投稿もあって何だか危ない橋を渡っているようでしかないですけどね。

 

実は、身体の関係が一切ない状態だとしてもパパ活をするのは決められた年齢があって、それ未満だとしてはいけないことになります。

 

未成年者の場合は、見つけ次第警察が保護することになっています。

 

もちろん学校の先生や両親が知ることになるので、相当悲しまれることになります。

 

18才以上であれば、まだまだ子供だと思っている人もいないことはないですけど、今では選挙権もありますからね。

 

さすがにお酒やタバコは20才からですが、18才は大人としての最低年齢になるのは間違いありません。

 

パパやママに対しては法律はもっと厳しい

 

パパ活したいパパ(男性)ももしかしたらママ(女性)の場合は、未成年者と身体の関係を持つと逮捕されてしまいます。

 

また、身体の関係がなかったとしても親の同意がない状態で遊ぶとOUTです。(親の許可がない未成年者と交際しているだけでも、今では逮捕されている事案があるだけに駄目です。)

 

※主に青少年保護育成条例違反によるもの、これは各自治体によって法律がまちまち

 

児童売春・児童ポルノ処罰法

 

児童とは18才未満のこと

 

・・・3年以下の懲役または300万円以下の罰金

 

売春防止法

 

・・・売春しそうな女子に対して補導処分や保護更生の措置を講ずることになっている

 

すなわち、2度としないようにするために指導され続ける可能性があります。

 

 

未成年者が手を出すようなことは、年齢確認を実施していない一部の掲示板やツイッターなどで起こる危険性がとても高いです。

 

パパ活をしたいときは、必ず18才以上であることと共に年齢確認を実施しているサイトを使うことで、法律を知りながら出会うことができるようになります。

 

ただし、高校生は年齢に関係なく不可です。なぜかと言うと、高校生と言うキーワードが未成年者であると言う疑いがあるためです。

 

※出会い系サイト規制法を遵守しているため仕方がありません。

 

出会い系サイトを使うときは、どんな言葉を使ってはいけないの?

 

よく言われているのは売春防止法・出会い系サイト規制法に違反するような内容です。

 

ホ別2万円、Hしたら2万円頂戴、1万円くれたらご飯食べに行っても良いよ!

 

などです。

 

すなわち・・・

 

・お金のことだと思われる数字を書く

 

・売春の内容を書く

 

・○○円くれたらと??してあげる!と言う取引内容を書く

 

また、

 

割り切り、援助交際、パパ活、(サイトによっては駄目)

 

などの売春に関わるような書き込みも駄目です。

 

書いてしまうと利用停止か強制退会になることが今は日常化していますから、1度処分を食らうと電話番号を変えない限り再登録はできないようになっていますので、十分に注意してくださいね。

page top