50代のおばさんでも熟女がパパ活したら稼げる出会い方

50代のおばさんでも熟女がパパ活したら稼げる出会い方

50代のおばさんでも熟女がパパ活したら稼げる出会い方

ぶっちゃけ普段からお金くれるパパがいるなら苦労なんてしませんよね。

 

しかもすでに50代でいわゆるおばさん世代ともなれば、年下の女の子の方がパパに気に入られそうだから難しいと思うかもしれません。

 

だけどスナックのママなんて50代は普通ですし、お客さんも来てくれます。

 

熟女のパパ活をする上でターゲットにしたいパパは、お店に通うのが面倒くさいおじさんたちですね。

 

飲み屋でお酒を飲むのが元々苦手な人ってやっぱりいるものです。

人見知りなので誰かとしゃべるのが苦手なパパ

 

仕事が営業マンであれば、むしろ人との会話を恐れてなんかいません。
むしろ積極的にいろいろなお店へ出入りして友好関係を深めておきたいと思っている場合も少なくありません。

 

ところが世の中、仕事でもまったくしゃべらない人も多くいます。

 

とくに運送業(トラックの運転手)や土方などの力仕事関係の男性は、無口な人が多く女性とも接触機会がないので悩んでいる場合が多いですね。

 

何を話してよいのかわからないから通いたくないパパ

 

しゃべる機会はあってもあくまでも仕事内だけのパパです。
よくあるのは自衛隊員や他の公務員などの堅い仕事の男性ですね。
仕事は淡々とこなせるけど、女性関係は全然ダメなわけです。

 

お金をもっている分、うまく取り入ったらかなりお金を落としてくれそうだけどお店に入るのは苦労する人もいるわけですよ。

 

お酒が苦手なので行ってもつまらないと思っているパパ

 

日本人はお酒が強くない人は40%!お酒をまったく飲めない人が4%いるといわれています。

 

また、最近ではアンチエイジングの観点や病気持ちでお酒を辞めた人もいます。

 

スナックへ入るとお酒を飲む必要があるため、通えない人はいるわけですね。

 

2人だけの関係になれそうもないと諦めているパパ

 

スナックなどのお店では、2人切りなんてまず難しいです。
何度か仕事の付き合いで連れて行ってもらえた人がいたとしても、ママと2人切りのデートなんてまず難しいわけですよ。

 

夜をともにしたいなんて思い、お金をあげたとしてもダメなものはダメ!

 

結局スナック通いはしなくなるような人です。

 

まとめてみると・・・

 

熟女は好きだけど異性関係が乏しく、またお酒はあまり飲めないし2人切りの関係になれないから、スナック通いはしないおじさんを狙うことになりますね。

 

ターゲットが理想に近ければ近いほど、お小遣いをもらいやすくなるわけです。

 

逆をいえば、お店に通うのは平気でお酒も飲めるし人と会話するのが別に苦でもない人は、パパ活しようとは思わない可能性がありますね。

 

狙うは何かしらコンプレックスをもっているパパになりますよ。

 

お金をくれる人から詐欺られることはないの?

 

よく会ってみたらキャッチセールスで、高い宝石や骨董品を売りつけられたなんてことを聞くときもあるでしょう。

 

会ってみたらどう考えてもパパというよりセールスマンで、話の運び方が凄くうまい人はいるものです。

 

このような何かを売りつけたい人や宗教を広めたい人は、TwitterやSNSなどで出会う場合が多くなりますね。

 

お金くれる人ならどのようなツールでもよいから出会いたくなるものです。

 

だけど個人情報を書かなくてもよく、サイト利用料金が無料で使えるというノーリスクな出会い方であればパパ以外と接触しやすくなりますね。

 

逆に女性は無料で利用ができますし、伝えたい内容も掲示板への投稿が可能なマッチングアプリを紹介しています。

 

熟女でもパパと出会うなら理想を追い求められる!

 

どのようなパパを求めた方が、今後のパパ活する上でよいのかを考えてみましょう。

 

たとえマッチングアプリを使ったとしても、変態なパパはいます。
ただし基本はメールでのやりとりがパパとの出会いにつながっていきますよ。

 

ごはんやお茶をごちそうしてくれるといってくれたパパ

 

肉体関係しか勝たん!と思っているパパは一定数います。
だけどごはんやお茶だけで待ち合わせしてくれる場合であれば、奢ってくれやすいです。

 

また、たとえ破談になったとしてもお小遣いをもらえて帰りやすいですし、安全な立ち位置に居られますよね。

 

欲しい物は買ってくれるといってくれたパパ

 

現金の受け渡しをするのは、さすがに言葉は悪くなりますが、売春婦を買うようなイメージがして苦手というパパがいます。

 

だけど欲しい物なら買ってあげてもよいパパであれば、バッグや指輪などを買ってもらいやすいですね。

 

先にパパへどのくらいのだと大丈夫そうなのか聞いておくのが理想的ですよ。

 

お小遣いの金額まで提示してくれたパパ

 

最初からお金のやりとりをすることは、マッチングアプリ内ではほとんどありません。

 

なぜなら運営元が売春のような書き込みを常に気にしているためです。

 

もちろんメール内であれば、サイト運営元に通報しなければ気づかれない場合もあります。

 

ただし見つかると利用制限が掛かる場合は多いですね。

 

通常はLINEやカカオトーク内で金額を決めて出会うケースが多いです。

 

さすがに最初からラブホテルへ行くような内容となりやすいですね。

 

マッチングアプリ内では、「大人」「訳あり」「本番」なんて書き込みがありますよ。

 

禁止キーワードは?

 

・援助
・割り切り
・援助交際
・売春
・○万円

 

などの売春とわかるような内容です。