50代で離婚したての熟女でもパパ活したいけどできる?

50代で離婚したての熟女でもパパ活したいけどできる?

50代で離婚したての熟女でもパパ活したいけどできる?

50代 パパ活 熟女50代で離婚した私が第2の人生を歩むためにも、お金に困りたくないためパパ活でもはじめてみたいと思ったことはないですか?
ゆとりのある親切なパパと出会いを探したいなら、記事を最後まで読んでおくだけで試してみたくなるかもしれません。

 

50代で子育てが終わり悠々自適な生活を送っている女性もいます。
だけど現実は甘くなく、まだまだ子どものために仕事をしなくてはいけない場合もありますよね。
私のように離婚した家庭は、なんと3組に1組もいるのです。

 

結婚してみたけど、子どもは欲しいけど夫とは反りがやっぱり合わないから離婚する場合も少なくないですからね。

 

夫には慰謝料だけではなくて教育費も支払ってもらおうと思っても、最近はコロナ渦の影響をまともに喰らってしまい無職になってしまう人も珍しくありません。

 

子どもとの貧しいながらも不安のない生活を送りたいなら、パパに相談してみるのも本当はしたくないけど試す価値はあるかもしれませんよ。

 

\【Jメール】パパは仕事を終えて出会いを探している/
Jメール 申込み

 

 

子どもがいるから生活保護を受けられると思っていない?

 

今はシングルマザーだけで2016年だと123.2万世帯もいます。
両親もまだまだ元気だし、家族みんなで支え合える家庭も多くあります。
だけど子どもと2人暮らしで頼れる親族がいない場合は、生活保護の受給も考えたほうがよさそうですよね。

 

ところがたとえ前職でうつ病になり休養中だとしても、生活保護を受けられる人はほんの一握りなのです。
このため今までしたことがなくても介護士に再就職したり、風俗関係でバイトをしはじめることもありますよね。

 

まだまだ生活保護は肩身の狭い思いをしてしまうこともあります。
だからこそパパ活をすれば、今までと同様に生活していけますよ。

 

生活が成り立つほどパパをキープしておくなら、少なくとも3人は要りますよ。
パパがよいといってくれるだけで、アパートの家賃や食事もすべて自分で取れます。

 

パパを手に入れられると得られるメリットは?

 

お手当がもらえる!

 

ぶっちゃけ建前としては、パパとごはんに行けて充実したデートができれば幸せとなりますよね。
だけどどこぞのパパと出会うのですから、お手当がなければやっていけませんよね。
まるで無給のバイトをするようなものと思っている女性もいるほどです。

 

顔合わせ 〜5千円

 

ごはんデートだけで1万円〜1.5万円

 

身体の関係ありで1〜3万円

 

まずは顔合わせという形でパパと知り合います。
50代の私からすれば、もはや若さで勝負はできません。
このためあまりにも出しゃばった態度でパパにお金を請求してしまうと、すぐに帰られてしまいます。

 

パパを選ぶ際は、60〜70代の年上世代であればまだまだお金をもっていますからね。
年金や貯金もあるからこそ、あとは暇を潰せたらよいかなという気持ちでいます。
大事なことはパパとメールで仲良くなろうとすることですよ。

 

さすがにパパになるような男性は、お金があっても見た目があまりよくない傾向はあります。

 

・ブサイク
・禿オヤジ
・デブ(ぽっちゃり)
・アルコール中毒者
・離婚したばかり

 

など

 

パパに合わなくても振込してくれる場合もある!

 

パパだって忙しくてなかなか出会えないときがあります。
たとえば出張や遠距離の状態で誰かとしゃべりたい場合などですね。

 

実際に出会うのは今できないから、入金してあげるよとなっただけですよ。
ただし、実際に振り込まれる金額はあまり多くないです。

 

1回あたり5千円あれば十分ですね。
50代女性でも、お金をもらえるチャンスがあるだけでも十分なら大丈夫です。

 

食費を削る必要がなくなる!

 

まだまだ子育て真っ最中なら、子どもに食べさせてあげたくなりますよね。
でも、お金がなければ食べ物は買えません。

 

他にワンランク上の料理を食べてみたい場合もありませんか?

 

・牛鍋
・ステーキ
・お寿司
・和のスイーツ

 

など

 

学校とは別に教育を受けさせられる

 

早い話が必要な資格や受験などのために必要な塾や資格専門学校へ通わせられますよね。

 

やはり1円でも多くのお金を掛けられているほど、子どもの将来は豊かなものになっていくでしょう。

 

パパにはお金を支援してもらう以外にも、教科書や参考書等で支援してもらえる場合もあります。

 

旅行へ行ける

 

子育てをしはじめて1年に1回も旅行へ行けていない場合もありますよね。

 

だけどパパと出会えておくだけで、まずは近隣の温泉にでも行ってみようなどと計画が立ち上がる場合もあります。

 

パパとはどうやって会話をしていけばよいの?

 

パパを探すためには、出会い系サイトがオススメになります。
だけどサイト内でメールをしてお金までもらうとなれば、いつパパの気持ちが変わるかわかりません。
実はサイト内だと運営元が売春などのやりとりがないか、日々監視しています。
なんとサイト内では使ってほしくないキーワードを、空白にしたり文字化けさせたりもしている場合があります。

 

このためLINEやGメールなどに移ってより深い内容を話し合う場合もありますよ。
振込してもらう場合は、LINEペイやペイペイなどでポイントにしてもらうと身バレがありません。
しかもLINEペイなら自分の指定する口座にて換金も可能ですよ。

 

パパと何を話すのかをまとめてみる

 

・趣味の話
(ドライブ・飲み会・カラオケ・テニス など)

 

・仕事の話
(上司や部下の愚痴)

 

・家庭の話
(基本的に妻子と不仲な場合が多い)

 

・エッチな話
(まだまだ性欲が高いパパは少なからずいる)

 

など

 

自宅でパパとおしゃべりすれば、他人に話が漏れることもありません。

 

もしパパからの入金が無事終わったときは、感謝の言葉を伝えてあげましょう。

 

平均的に3〜5回ほどすれば、月額3万円ほどのお手当が入金されるようになります。

 

援助される際にデメリットを確認しておく?

 

巷ではパパ活なんて危ないといわれてはいます。
だけど、本当に危なければパパ活なんて行われていません。

 

つまり、最低限気を付けておけば危ない橋を渡ることはありませんよ。

 

ストーカーになるパパっているの?

 

パパ活していれば、必ず関係を終えたくなるときもありますよね。

 

別れるときにパパが自然と離れていってくれるかはドキドキと緊張してしまうかもしれません。

 

だけどほとんどのパパは、すぐに別の女性と関係をもつようになるためストーカーの被害に遭いづらいです。

 

パパがストーカーになるときは、つい暴言を吐いてしまうなど怒らせてしまった場合が多いですね。

 

どちらかといえば、パパに女性のほうが自然消滅しても連絡を入れて復活する場合は多いですよ。

 

もしかしてもらえたお金やプレゼントって返す必要はあるの?

 

1度もらえた物は、女性のものです。
パパと喧嘩した際に、パパがつい「〇〇を返せ」といってくる場合はあります。
だけど1度もらえたら、もう返す必要なんてありません。

 

ただしパパがして欲しい条件を提示して、お金を先に支払ったとします。
このまま、逃げた場合は警察が捜査する場合もあるのでパパに内緒で逃げないようにしましょう。
必ず同意を得ておけば大丈夫です。

 

熟女がパパ活する際に気を付けておくことは?

 

年齢確認はしておく!

 

18歳以上であれば間違くなくパパを探せます。

 

ただし運営元が年齢を確認するのは義務となっているので気を付けてください。

 

免許証や保険証の年齢と発行元を送付すれば終わります。

 

※高校生や中学生といった未成年者は、規約上利用できません。

 

メールでお金の話はする!

 

サイト内では売春を疑われるような書き込みはすべてNGです。

 

たとえサイト内でメールをしていても、お金のやりとりをしているとモザイクがかかる場合もありますからね。

 

・割り切り
・援助交際

 

の内容になりそうなら、LINEかカカオトークへ移動するとよいでしょう。

 

とくに・・・

 

・掲示板の投稿内容

 

・プロフィールの投稿内容

 

・日記の投稿内容

 

は気を付けておく必要がありますね。

 

大丈夫なキーワードを

・訳あり

 

・優しい人

 

・デート

 

・意味わかる人

 

・大人の関係

 

などですね。

 

パパにはメールを送り誘う!

 

出会い系アプリを使ってパパ活する際は、パパからのメールを待っているといつまで経っても出会えません。

 

パパはとくに仕事で日々忙しいため、タイプの女の子がいるかなと確認しメールを送っている程度です。

 

このため気づいてもらえないこともしばしばあります。

 

とくに50代女性のことまで頭に入っていないパパも多いため、メールを出して自分をアピールするのは鉄則ですよ。

 

掲示板の使い方は?

 

掲示板を使うときは、男性の書き込みをまずは検索しておきます。

 

どのような男性が多いのかわかってきますし、表現方法も勉強になるためですね。

 

男性をまず掲示板で検索してみましょう。

 

地域はプロフィールの登録地域となっており、すぐにみつかりますよ。

 

安心してパパを探すなら40歳以上がオススメですね。
逆に歳が若くなればなるほどパパとはほど遠い存在になりがちです。
とくに20代を探していると、ママ活目的の男の子もおりお金をもらえないばかりか支払う場合もありますね。

 

※ママ活以外だと彼女やセフレ募集が続きます。

 

基本的にパパという表現は使わないのが原則ですね。

 

タイトル

 

自営業で社長しています。ご飯とかご馳走したいのでメル友から!

 

自営業で社長しています。ご飯とかご馳走したいのでメル友から仲良くしてください??

 

返事のたとえは?

 

最近、旦那と離婚して新しい出会いを探そうと思っています。

 

できればゆとりのある人がよいため、メールしてみました。

 

もし興味があれば、50才ですがよろしくお願いします。

 

興味がなければ無視してください。

 

※このままメールを出すのもありですよ。

 

出会い系サイトは女性が無料なので気軽に使える!

 

男性が運営費をポイント購入することで負担しています。

 

このため女性はすべて無料です。

Jメールイメージ1
Jメールイメージ2
総合評価
/5点満点中
女性は無料
Jメールの特徴

Jメールは誘い飯掲示板を使ってパパ活がしやすいと人気ですよ。

 

離婚したての50代女性でも、新しいパパがすぐにみつかります。

 

パパを募集するとなればよく身体の関係になりそうかもと悩む人もいるでしょう。

 

だけど誘い飯掲示板では、ごはんデートからが基本なので出会った瞬間からラブホテルなんてことはまずありませんよ。

 

一緒にパパと行きたい場所を投稿してみましょう!

 

・焼き肉

 

・居酒屋

 

・喫茶店

 

など

 

女性なら何度投稿しても無料なので、使えば使うだけパパと巡り合えるようになりますよ。

PCMAXイメージ1
PCMAXイメージ2
総合評価
/5点満点中
女性は無料
PCMAXの特徴

PCMAXは大人なしでも優しくしてくれる紳士的なパパと出会いやすいですよ。

とくにパパって30代〜70代が多いですから、会員の数が非常に大事となります。

 

PCMAXであれば、すでにのべ1,500万人を超える会員がおります。

また、リピート率が7割以上と高いので安心して出会えるサイトですよ。

 

ごはんへ行きたいパパを探すときは、メールを出してあげた方が早く出会えますね。

 

「訳ありでごはんに行きたいですけど、どうですかね?」

「今日と明日のどちらかでよければ、食事しませんか?

優しい人との出会いが欲しいです。」

「今月スマホ代が支払えなくなりそうで、少し助けてもらえませんか?」

 

など

 

掲示板への投稿でも、パパから返事が着やすいです。

まだパパ活をしたことのない女性がパパ活アプリを使ってもパパ自体が少ないですからね。

 

 

PCMAXはパパ活アプリではないため、誘われたらパパになってみたいおじさんがたくさんいますよ。

 

50代で離婚したて熟女がパパと出会えた体験談

私は40才のときに旦那と離婚し、子どもは私が面倒を見ることになりました。
だけど今まで主婦をしており、たまにパートするくらいの身でした。
資格もろくに取っていないためすぐに生活が立ちゆかなくなってきたのです。

 

子どもは高校を卒業していてもフリーターです。
私もスーパーで働いてはいますけど、2人で満足した生活を送れない日々はやはりきついと感じていました。

 

惣菜の残り物をお店のご厚意でもらってはいても、もう少しおいしい物が食べたいという気持ちもあり、パパ活をしはじめたのです。

 

私が使っているマッチングアプリはPCMAXとJメールです。
どちらもパパ活アプリではない分、普通の出会いを求めている男性もいますね。

 

だけどごはんだけでお手当をくれるパパは意外と多いことに気づいたんですよ。
私は初回デートのときは、できるだけ質素なデートで終わらせるようにしています。

 

パパが金銭的にどの程度ゆとりがあるのかを知りたかったからです。
また、パパ活ってどのような出会いなのかも見定める必要もありました。

 

2度目のデートからは、小旅行やホテルへの誘いなどもあります。
だけど私だってパパを選ぶ権利があるため、できないことは難しいとお断りを入れていますね。

 

おかげで、危ない橋をまったく渡ることもなく毎月パート代とは別に、5万円のお小遣いを手に入れられるようになりました。

 

(東京都 53才 シングルマザー パート)

 

パパ活するときにはじめは失敗したサイトの体験談

 

私は50代の中では若い方だといわれるため、パパ活をしてみたくなりはじめて1か月ほど経ちます。

 

すでに2人ほど定期的に出会ってくれる優しいパパからお手当をもらえています。

 

ただし、最初はマッチングアプリでパパを待っていたことが原因でなかなか会えずにいました。

 

マッチングアプリといえば、男性が積極的にメールを送ってくださるのかと恥ずかしながら勘違いをしていたのです。

 

会員になって顔をアプリでごまかしつつ、プロフィールでは”優しい人とまるで恋人みたいに話がしたいです。”と書き込みしておいただけでした。

 

何日経ってもパパから思うような内容の嬉しい返事が来なくて焦ったのです。

 

マッチングアプリがダメなのかと思い、別のサイトにも登録したけど同じような状況でした。

 

そこでTwitter(裏垢)にて調べてみたら、パパへはアタックしていかないとまず返事が来ないままなどと投稿が多数見つかりました。

 

とくに私はすでに51才で、もうおばさんの域ですからなおのことパパからの積極的な連絡は期待できないと自覚できたのです。

 

私は50代以降のパパ候補をプロフィール検索で探してみて、少しでも脈がありそうなら返事を出していきました。

 

たとえば、

 

・パパ
・助けてあげたい
・若くないほうがよい
・同世代と会いたい
・ゆっくりとしたデートがしたい

 

などと書き込みがあったら即メールをしておいたおかげで、脈が当たったのです。

 

私は最初のパパとのデートがマッチングアプリを使いはじめて10日目と遅かったのですが、会ってくれたパパは褒めてくれて5千円のお手当をくれたのです。

 

最初のパパ活で即成功かと思ったら、2度目がなくてガッカリ。
だけど、別のパパが最初の定期的なパパとなってくれました。

 

今のパパは67才と58才です。
毎回1万円はくれるおかげで、パートで働いている私にとっては貴重なお小遣いとなっていますね。

 

ちなみに身体の関係はまだ1か月目だからなのかありません。
最低限の用意はしているつもりですが、できれば今のままごはんデートだけがよいですね。

 

(山形県 51才 パート ともか)