無償でお金を10万円ほど貸してくれる人を教えて欲しい

無償でお金を10万円ほど貸してくれる人を教えて欲しい

無償でお金を10万円ほど貸してくれる人を教えて欲しい

主婦身近にはお金を貸してくれる銀行・消費者金融などの業者がたくさんありますよね。

 

だけど返済不能になったときのために、本当は無利息に近い金利でもいいけど、自己破産されては困るからと高い利息を取るようになりました。

 

もちろん民間企業だからこそ利益の追及はあります。

 

ただし無償でお金を借りたいとなれば、業者に頼ると返済する際には面倒臭そうですよね。

 

今ではパパ活・ママ活という出会い方が存在しており借りるなんてことをせずに、個人間でもらうようにすれば返済のことまでまったく気にしなくてよくなります。

 

業者からお金を借りる際の注意点やパパ活・ママ活する際のやり方なども確認していこうと思います。

無償でお金を貸してくれる業者は皆無!

 

よく「誰でも貸します」「ブラックだって貸します」「自己破産者でも貸します」「必ずお金をお貸しします」と電柱にチラシが貼られていることもありますよね。

 

正直なところ正常者であれば、「闇金だな・・・」とすぐに悟るとは思います。

 

ただし家族が重い病気を患っていたり、子どもの教育資金などですぐにお金が必要になったなど、一刻も早くお金がいるときは見境がつかずに借りてしまう場合があります。

 

やはり業者だと対価を求めてくるわけですが、闇金は年率1000%を超えるほどの利息を取り、集り出すこともよくありますから注意が必要です。
(利息制限法では最大20%以上の利息を取ってはダメ)

 

貸付されるための審査基準って?

 

お金を借りるとなれば、やはりある程度個人情報を貸主に教える必要があります。

 

個人間・業者を問わずある場合がほとんどですね。

 

・住所
(ホームレスの方は厳しい)

 

・電話番号
(携帯だけではなくて家電話番号もあるとなおいい)

 

・勤務先
(正規雇用・非正規雇用・フリーランス・自営業)

 

※無職でも働く意思があれば可能性もある
※主婦でも借入可能な場合もある

 

また年金受給者は借入しやすい
(精神障碍者・身体障害者・老後の年金等)

 

・年収

 

・家族構成

 

・保証人の有無

 

給料ファクタリングってどうなの?

 

今お金の貸し借りではないと謳われて一部広がりをみせている給料ファクタリングという制度があります。

 

もちろん警察に届け出を出している業者であればまだマシなのですが、たいてい無届のもぐりに出くわすことが多く、すさまじいほどの手数料(利息分)をもぎ取られてしまう場合が多いです。

 

会社から給料の前借りをお願いしたことってありませんか?

 

昔であれば会社も「仕方ない奴だな(笑)」と認めてくれたかもしれないですけど、最近は会社自体に余裕がなくなってきています。

 

すると「お金の使い方がダメな社員じゃん」とレッテルを貼られてしまい、業績が悪くなるなどでリストラ候補へ真っ先に挙げられてしまうケースがあります。

 

「だけど消費者金融や銀行に頼むのはなぁ・・・(家族にバレるのが嫌な場合)」

 

こうなったときこそ、給料ファクタリングの甘い罠にはまる恐れが高いわけです。

 

個人の給与を再建とみなしてお金を実質貸してもらえるわけですね。

 

ただし本当なら7万円のところを3万円しか貸してもらえず、残りは手数料という名目に。

 

もちろん給料日には返済しなければなりません。

 

良心的な登録業者であってもほとんどお金を借入しているのと変わらないわけです。

 

 

公的機関から借り入れもできる?

 

実は社会福祉協議会を通じて最大20万円までお金を借入できますよ。

 

もちろん返済の義務があります。
ただし住民税非課税世帯であれば、必ずではないですけど審査を通過すると返済が免除されます。
(返済免除へは、数年単位での審査になる恐れがある)

 

貸付してもらえる人は?

 

・低所得者(年収200万円程度)の人
※住民税非課税世帯なら間違いなく

 

・障害者がいる世帯

 

・高齢者が同居している世帯

 

などであれば簡単に借入できます。

 

※増額も可能!(ただし審査がある)

 

返済の義務を免除される人はかなり少ない!

 

ほとんどの人は、最終償還日までにお金を返済する必要がありますよ。

 

もしできない場合は年率10.75%の利子がつきます。

 

ただし相談をしている方に対しては、柔軟に対応してもらえるケースがあります。

 

ここまでをまとめてみると?

 

・業者や公的機関に頼る場合は返済義務がある

 

※しかも厳しい審査と利息分を取られるのはやむなし!

 

個人間融資の場合

 

借入業者を利用するよりかは、比較的審査は柔軟な場合が多いです。

 

ただし業者とは違う意味でトラブルになるケースがありますので、確認してみましょう。

 

ひととき融資

 

男性が女性の裸写真(顔を含む)を撮影し、返済を怠るとネットにバラまくと脅されるケースがあります。

 

また完済まで身体の関係を求められてしまう場合も多いですね。

 

※男性同士間もあります。

 

ほとんどの場合は、完済できないような高額な利息でお金を巻き上げられ続けます。

 

ただし10万円〜100万円までまとまったお金をすぐに貸してもらえるケースが多く、被害者がいなくならないのも安易に借入できるとネットで情報が出回っているからかもしれません。

 

SNSでお金を借入する

 

最近だとツイッター・フェイスブック・インスタグラム・TIKTOKなどのSNSなどを通じて、すぐにお金を借入できそうな雰囲気があります。

 

ネットで探せばいくらでも出てくるわけですけど、もちろん返済義務や対価を求められるケースがほとんどです。

 

最近だと、お金を貸してあげる代わりに指定されたサイトへ登録や商品の購入を促されるケースもあるようです。

 

・ダイエットサプリ(器具)

 

・情報商材

 

・宗教やネットワークビジネスへの勧誘

 

など多岐に渡ります。

 

犯罪へ誘導させられるケースもあるので注意!

 

最近では個人事業主・法人の企業を対象に一定の条件をクリアした業者であれば、持続化給付金を国が支払ってもらえたわけです。

 

ただし該当しない方に指南役が裏ワザと称してやり方を教えてお金を巻き上げたり、不正を行って手数料を差し引くなどして多額の利益を上げた方もいます。

 

もちろん不正を警察が見逃すことはなく、逮捕者が続出しているわけですけど、持続化給付金を申請した名前の方は返済義務を負うはめになってしまいました。

 

なんと個人であれば最大100万円ほど国からもらえたうち、90万円は業者へ手数料として渡り、10万円しかもらえなかったケースもあるほどです。

 

警察へ届け出れば逮捕されないことにはなっていますけど、今後完済までしていかなければならないことになりました。

 

貸してくれる人を探すならもらえる人だけを探せばいい!

 

お金の貸し借りはろくでもない目にしか遭わないケースがよくあります。

 

だからこそ最初からもらえばいいのです。

 

もらうことのメリットは?

 

借入する際に必要だった個人情報が要らないです。

 

さすがにおねだりする手段として、

 

サイト内でメールのやりとり

 

個別連絡先を交換する

 

などの行動は必要です。

 

また出会い系サイトの利用をする際には、18才以上の年齢確認が必須ですね。

 

免許証・保険証・パスポートなどの公的機関が発行している書類の中で、生年月日と発行元を写メに撮り、指定されたメールアドレスへ送信することで使えるようになります。

 

※ただし男性は有料サイトなので、ポイントを随時購入していく必要があります。
(登録後2日以内のポイント購入であれば、最大1.5倍ももらえますのでオススメ)

 

※女性は無料ですが、出会いたい方を募集するために男性同様掲示板へ投稿・メッセージの送信等のやりとりは必要ですね。

 

パパ活の場合は?

 

パパ活とは男性にお金を頼る手段ですね。

 

実は男女間によるパパ活は広く知られていますけど、男性同士(ゲイ・ホモ・バイ・ニューハーフ・男の娘)などの方が頼るケースもあります。

 

ママ活の場合は?

 

ママ活は女性に頼るケースになります。

 

パパ活とは違い、成功者が女性だと少ないため達成率が低い傾向はありますけど、ママにとって頼られたい人になれるかどうかが大事になってきますね。

 

また女性同士(レズビアン)であれば、貴重な存在としてママになってもらいやすいです。

 

パパ・ママが求めていることを知る?

 

パパやママたちにとっては、お金について困っていることはなく、有り余る財力があるため将来的に生活が困窮してしまう場合は少ないです。

 

ただし困っていることもあるわけですよ。

 

仕事一図で生きてきた性質上、遊びには疎いわけです。
もちろん成功者は1人で黙々と作業をしている場合もあり、寂しさ・きつさ・ノルマへの重圧等も抱え込んでいます。

 

積み重ねてある書類の山を、ムチャクチャにしてやりたくなるほどのストレスを抱えている場合もありますからね。

 

すなわち居心地のよい環境へと身を寄せたくなるほど癒されたい欲求が強いため、積極的に話しかけてあげられる人だと成功しやすくなりますね。

 

体の関係を求められるケースはあるの?

 

基本的にパパ活・ママ活はHをせず、ごはん・カラオケなどの軽めのデートを通じてお小遣いをもらう出会い方になります。

 

もちろん交通費ですら奢られるケースもあり、まったくお金をつかわずにいい思いができます。

 

Hは断りつつ、お金を定期的にもらえる関係を作っていくことがオススメですね。

 

ここまでをまとめてみると?

 

・お金の貸し借りはろくな目に遭わない

 

・パパ活やママ活なら、Hなしでお金がもらえる(しかも即金)

 

・有名な出会い系サイトを使えば会員数が多いため、チャンスは無限大

 

男女ともに年齢確認のお願い

 

最近では、SNSによる犯罪に巻き込まれているケースが増えています。

 

大小問わず、どうしても目的がバラバラなためセキュリティーが甘くなりがちだからですね。

 

まともな出会い系サイトであれば、出会い系サイト規制法によって年齢確認を行っており、ユーザーの安全な利用を維持し続けていますよ。

 

もちろん怪しい業者・ウィルス等を一切排除するためセキュリティーにも強化もしていますので、年齢確認にご協力ください。

 

免許証・保険証・パスポートなどの生年月日と発行元を写メにして指定されたメールアドレスへ送信する。

 

またはクレジットカード決済でポイントを100円分以上買うと必要なくなります。

 

年齢確認

 

Jメール
Jメール

Jメールは誘い飯掲示板への投稿からごはんへ行ける男女が増えています。
食べたいメニューを書いておくことがコツですけど、まずはすでに投稿者が多数いますので同じように書いてみるのも理解しやすくなりますね。

 

投稿内容は自由に閲覧できます。

 

最近だとコロナ禍なので、
「焼肉」「居酒屋」「レストラン」
などでデートしたい男女が増えていますよ。

 

2時間程度のデートでお小遣いまでついてくるのなら色々な出会いを粘り強く楽しんでみましょうよ?

 

誘い飯掲示板

 

利用料金(よく使う内容のみ) プロフィールに書いておきたいこと 評価

女性は年齢確認後、無料!
1メッセージ送信あたり70円分のポイント消費

男性の理想像、見た目(ルックス)、何歳くらいと言われる、芸能人で言えば誰に似ているのか

 

など

お金くれるパパ,募集,

PCMAX
pcmax

PCMAXは年上の人を狙っていけば、パパ活やママ活問わず新しい出会いが待っています。

 

さすがにおじさん・おばさん嫌いな人だとなかなかうまくいかないですけど、お金のためならデートしたいと強く思っているのであれば、願いは叶いやすいでしょう。

 

コツは定期的に掲示板へ投稿したり、メッセージをターゲットにしたい層へ送信していくことです。

 

「一緒に楽しいひとときを過ごしたいので、会いたいです。」
「定期的に出会える関係を募集しています。」

 

などと出会うことに前向きであれば、生活を豊かにしていけるきっかけとなることでしょう。

 

pcmax掲示板

 

タイトル

 

定期的にお会いできる方
掲示板内容

 

月に1〜2回定期的に会える、パパさんを探しています。年齢は45〜60歳ぐらいの優しい紳士の方を探しています。
大人の関係は希望していません。
優しい方とデートやドライブをして癒し癒される関係になれたら嬉しいです。

 

申込みはこちら(18禁)

利用料金(よく使う内容のみ) プロフィールに書いておきたいこと 評価

女性は年齢確認後、無料!
男性は1メッセージ送信あたり50円分のポイント消費!

男性の理想像、見た目(ルックス)、何歳くらいと言われる、芸能人で言えば誰に似ているのか

 

など

お金くれるパパ,募集,

 

無償でお金くれる人と出会えた体験談

 

私は高校を卒業しても就職できなかったので、パパ活をはじめました。
親のすねをかじるのは、さすがに親は元々非正規で年収が高くないため厳しいと思っていたからです。

 

私がフリーターとして働くのと同時に、副業としてパパ活をすれば親を安心させられると思いました。

 

ただし私は学生時代から引きこもりがちで、とてもではないほどパパと話なんてできないと思っていたのです。

 

ただですらお店の接客でお客さんと対面するのも怖がっている私なのに、電話でしゃべれば声が震えます。

 

だけどワクワクメールでまずはチャット(メールのやりとり)をしてからなら、少しは安心できると思っていました。

 

少しぽちゃっとした体型で目が細くよく友達から「寝ているの?」といじられるのが嫌でした。
このためぶっちゃけパパは難しいと最初は緊張していました。

 

だけど30代くらいの年上パパを求めて、まずはごはんに誘われたいと書いてみたら5人中2人はデートに誘ってくれたのです。

 

彼氏すらできたことのない私ですけど、本当に会えるとは思ってもみませんでしたよ。

 

パパは都内に会社勤めをしている30代の男性で、既婚者さんでした。
嬉しいことにまだパパになったことがなかったらしく、お小遣いの金額も1万円ほどかなという感覚でくれたのです。

 

しかも会った場所は渋谷区内の喫茶店。
何でも食べていいよといわれたので、パフェとケーキとコーヒーをごちそうになり1時間後には退店してまた会う約束をして別れました。

 

もしパパ活アプリで出会っていたら、手慣れたパパとデートしてしまいお手当なしだったかもと思ったら、嬉しくなりました。

 

ずっとパパ活なんてし続けられるとは思っていません。

 

すでに何度か会ってお金を手渡されてみて、実は目を二重にするプチ整形でもしようかなと思いはじめています。

 

もし二重になれて今より美人か可愛くなれたら、パパ活するほうが稼げそうな気もしてやる気が出てきているからです。

 

(東京都 19才 フリーター なおみ)

 

無償でお金くれる人と出会うのに失敗した体験談

 

私はよく美人局や業者だと勘違いされてしまいます。
容姿は普通体型だし彼氏は以前付き合っていましたが今はいません。
性格は明るめでA型なので几帳面な部分もあると自分自身では自信があったのにですよ。

 

とりあえず条件をすべて決めたのにもかかわらず、実際に待ち合わせしてもドタキャンされたことが何度もあったのです。

 

どうして危ない人だと間違えられるのか疑問に思っていたら、メールをするときにすぐお金の話をしてしまうからだと気づきました。

 

実はあるマッチングアプリ内でデート前にお金の話ばかりをしていたとき、どうやら運営元に通報されて利用停止とされてしまったことがありました。

 

このときはじめて、パパからお金に目がくらんでいる女性だと思われていたことに気づいたのです。

 

今はパパになってくれるのか確認してデートした際に、直接交渉するようにしていますよ。

 

とくにJメールやワクワクメールにいるパパたちは、まだまだパパになったこともないおじさんたちも多くいます。

 

パパが手慣れてしまう前なので、お小遣いを少し多めに提示したとしても支払ってもらいやすくて助かりますね。

 

私なんて熊本県内でも田舎に住んでいるのに、1万円ほどのお手当をもらってくることも。

 

福岡県で出張に来たパパと会っているからかもしれないですけど、結構実際に会ってから交渉する方が手間を省けてよいですね。

 

(熊本県 22才 会社員 みほ)