パパ活は援助交際ではないから本当にしても大丈夫?

パパ活をしている娘に対して巷で悪くいう人もいますよね。

 

・パパにいろいろと貢いでもらって羨ましい

 

・仕事以外で臨時収入を得ているなんてずるい

 

・パパは親でもないのに金銭を渡しているのだから、きっと性的な関係をもっているはず!
(犯罪じゃん!)

 

など

 

なぜ悪くいわれるのか不思議で仕方ないって人も多いことでしょう。

 

なぜならパパ活自体は誰にも迷惑をかけていないからです。

 

もちろん援助交際を含む個人売春も同様で犯罪とはいえません。
(高校生や18才未満のいわゆる未成年者であれば法律上問題があるため、してはいけません。)

 

またパパとごはんを食べに行くだけでお小遣いをもらえている娘は、頭も容姿だって比較的よくいろいろな知識のある娘が多いので疎まれやすい部分はあるでしょう。

 

なぜパパは女の子と出会いたいのか?

 

パパは女の子とデートしてごはん代を出してあげて、なおかつお小遣いまでくれる優しい存在かもしれません。

 

とくにパパが学生時代ならいざ知らず、もはや40代50代のおじさんといわれる年齢でも若い娘と飲み食いしたいのです。

 

パパは一緒にいるだけで優越感を得ているため、お手当を出すのは仕方ないことだと思っていますね。
ただしさすがにパパはずっとごはんだけの関係を続けているわけにはいきません。
どうしても親ではないからという一言に尽きます。

 

やはりあくまでも男女の出会いであるという前提なので、大人の関係を望みはじめてくるのです。
パパ活していたら、必ずいつかパパからラブホテルへ行きたい話をされますね。

 

パパが女の子と出会いしぐさがかわいいからとルンルンな気持ちでいられる長さは限られています。

 

風俗と違うので断ってもよい?

 

身体の関係を求められたら必ず応じる必要があるのかといえば、決して違います。

 

あくまでもあなたがしてもよければ関係を持てばいいだけの話ですね。

 

パパ活は単純売春の延長線上にあります。
管理売春ではないため、個人の自由でしてもしなくてもよいのです。
(管理売春は警察から認可された風俗店のみができます。
許可された風俗店以外が管理売春をしている場合は、管理元が違法になります。)

 

密室で2人になると危険?

 

もちろん身体の関係になる場合は、2人だけの部屋ですることが多くなります。

 

こうなると乱暴されてしまうのではと心配してしまうかもしれません。

 

だけどパパとは必ずしなくてもよいため、デート最中にどのような性格のパパなのか見極めておけばいいだけですね。

 

一番駄目なのは最初からラブホテルへ行く割り切りと呼ばれる状態で出会うことですね。

 

パパがSMなどのアブノーマルなプレイを好んでいる場合もあるためです。

 

最初にごはんを一緒にするのは、早い話が危なくない人を探すためですよ。
ごはんだけで継続して会ってくれるパパがいたらとくに大切にしてあげましょう。

 

さすがにいつかラブホテルへ誘われることを念頭に置きながらデートを楽しめばいいのです。
とくにお酒が入ってから性格が変わるパパもいますからね。

 

「このパパはなんとなく言葉遣いが乱暴かも」
「何か危ない性癖をもっていそうかな」

 

などと思ったら、せっかくの誘いがあってもラブホテルへの誘いを断ればいいだけです。

 

援助交際で出会うわけではないパパ活ですが、いつかは身体の関係もあると知っておくのは大切ですね。

ページの先頭へ戻る