プチ愛人をはじめて募集して毎回3万円くれるパパとの出会い方

最近は今までの愛人契約とは大きくことなり、気軽に愛人契約を結べるようになりました。

 

いわゆるプチ愛人ですね。

 

まず愛人を結ぶときってどうしても契約書を交わすイメージがあった男女は多かったはずです。

 

だけどもはやスマホで簡単に探せる時代となったおかげで、口約束で大丈夫になりました。

 

さすがにプチ愛人を探すのにどこかのお店を使う必要はありません。
今はサイトからメールでやりとりするときには条件を書いておくのもありです。

 

契約書なんて最初から結ばないからゴミ箱の中にすら入らないほど軽いですよ。
会ってみて性格やお手当などがよければキープしていく感覚ですね。

 

愛人契約のような高額のお小遣いはもらえない?

 

今ももちろんある愛人契約、とくに昔は1回10万円を超えるお手当は別に珍しくありませんでした。

 

バブルだったからという意味もあります。
多くのパパをとっかえひっかえせずに俺だけと会って欲しいなんていわれたときには、さすがにお金がないと生活できませんからね。

 

なので毎回のデートで10万円ほどもらえば、パパといない間も生活ができていたわけですよ。

 

住居は?

 

パパがマンションを借りたり買ってくれるのも当たり前でした。
ただしパパのおかげでマンションに住んだ場合は、他の人との交際はNG状態になってしまうわけですけどね。
毎月の家賃が地方なら8万円を超えるマンションに住んでいれば、セキュリティーもしっかりしている傾向がありますからね。

 

食事は?

 

さすがにパパといない際は、質素倹約でもいいですけどね。

 

パパといたら一流のホテルで高級料理を食べられて宿泊なんて別に当たり前です。

 

ならプチ愛人だとどうなるの?

 

契約書を結ぶような出会いではなくなったのもあり、愛人になるのも早いけど縁が切れるのも早いです。

 

ただしお互いにメリットがあるなら1年以上も続いている場合は珍しくありません。

 

愛人希望の新人男性を狙う?

 

出会い系サイトで入会している会員男性の多くは、ふわっとした気持ちでどのような女性と出会えるのか楽しみにしてくれています。

 

もちろん女性も同じかもしれません。

 

つまりまだ多くの女性と関係をもっていない男性ばかりだからこそ、質を求められずらいわけですよ。
お金をあげる代わりにあれしろこれしろと文句をいわれてしまうと本当に大変ですからね。
また、お金をもらいたいなら最低限これだけはできないとそもそもあげようともしない人もいます。

 

こういった口を出したがる男性は経験が豊富な傾向はあります。
さすがに夫婦ではないので週1〜2日程度の出会いになっていたわけです。
いろいろと気を使ってあげる必要はあったかもしれません。

 

プチ愛人程度のお付き合いであれば、パパがお金を与える金額は愛人契約に比べて少ない分、くれる確率は高くなりますよ。

 

1回あたりのお手当は3万円ほどあれば上出来です。
もちろん今でも1晩で10万円をくれるパパがいないわけではありません。

 

パパにとってはマンションを女性のために貸したり購入する必要はなくなりました。
また毎日の食事についても用意してあげる必要もなくなっています。
つまりお金だけでどこまで付き合えるのかですね。

 

・ごはんだけで定期的に会える関係にしたい
・肉体関係はたまにでいいから結んでもよい
・会うときは必ずしてもよい
・旅行に出掛けてもよい

 

など

 

プチ愛人を見つけるなら多くのパパと出会う方がメリットは大きくなる!

 

今は1人のパパとだけ関係を結ぶのではなくて、複数人のパパと関係を結ぶようにする傾向があります。
新陳代謝が激しい関係性だとしても、会ってごはんをまずは食べることでお金以外のよいところを見つけていくわけですよ。

 

もちろんお酒を飲んでみることで、お互いに人が変わることもあります。
なので最初はお酒を飲みにいってからまた会いたいかを決めていくのもありでしょう。

 

プチ愛人として出会いたいときに使えるサイトランキング

 

Jメール
Jメール

Jメールは誘い飯掲示板に出会いたいことを書いておくと、誘われやすくなるサイトですよ。
肉体関係を求めて最初から出会うわけではないです。
このため会ったらすぐにラブホテルへと行く必要はありません。

 

焼肉に居酒屋など好きな場所でごはんを食べたいと書いてみてくださいね。

 

利用料金 利用目的 評価

年齢確認後男性は有料(1メッセージ送信あたり70円分)・女性は無料

パパ活 お金くれるパパ,

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る