本当に無償支援してくれる人のいる掲示板を1回使ってみたい!

本当に無償支援してくれる人のいる掲示板を1回使ってみたい!

本当に無償支援してくれる人のいる掲示板を1回使ってみたい!

無償支援

お金がないと焦っているときは、知り合いや親戚など誰でもいいから支援されたいと願望が出てきませんか?

 

ぶっちゃけお金は若いときだけいるものではなく、ずっと死ぬまで必要になりますよね。

 

・携帯代が支払えずに困っている。
・震災や台風などの影響で自宅が使えずネット暮らしをしている。
・借金の返済を滞納しており今月分だけでも支払いたいと思っている。

 

など

 

毎月必要最低限の出費で抑えておけば生活ができていた人もいたかもしれません。
だけど今は指定感染症以外に思いもしなかった病院代が掛かるようになり、経済的にも精神的にも痛い場合もあるでしょう。

 

コロナに感染してから体調不良で動けないなどの理由で仕事がしづらくなっている人もいますよね。

 

だけど最近はやることなすことネットで叩かれてしまいやすいです。
表だって旅行や遊びにもいけない人も増えていますよね。

 

このため家に引きこもってばかりでお菓子やジュース、お酒といった嗜好品が増えている人も多いかもしれません。
するとコロナ前までは健康だった人が体調を壊してしまい、病院代がかさむようになったなんて場合もあるわけですよ。

 

まだ動けるうちにお金のことくらいはどうにかしておかないと、急な出費に対応できなくなります。

今こそ本当に無償支援をお願いできる掲示板で探したい!

無償支援

生活苦であればサクッと解決するためにも掲示板で支援者を募集すればいいだけです。

 

ただしどこの掲示板を使っても簡単に支援者が現れるわけではありません。

 

使ってはいけない掲示板を紹介していきますね。

 

登録なしの掲示板は一番危ない!

 

ヤバイッ

表向きは親切な内容が並んでいます。
だけど9割以上が何かしらかかわっている業者たちです。
たとえば闇金なんていい例ですね。

 

消費者金融の法律が厳しくなって以来、無法状態で金貸しをしているヤバイ業者が急激に増えてしまいました。

 

また今では振り込め詐欺でお金を回収するための実行部隊(逮捕要員)を募集するケースも増えてきています。

 

このように危ない人たちとかかわってしまいやすいのが、登録なしの掲示板ではよくありますので気を付けてくださいね。

 

ツイッターやインスタグラムなども危ない?

 

sns

いつ消えてもおかしくない無登録型の掲示板ではなくて、すでに知られている大手SNSなら大丈夫!と思う人もいるでしょう。

 

今度はお金を支援して欲しい人たちを鬱陶しく思うような一部の人たちからのリツイート攻撃や、炎上リスクを抱えてしまいます。

 

ネット上で一度炎上すると、個人情報は永遠に残ってしまいます。

 

住所宛にどこぞの業者からのレターが届くなどの被害も出てしまう恐れがありますよ。

 

女性であればとくに引っ越ししなくてはいけなくなる場合もあるでしょう。

 

・登録なしで募集がすぐにできるから使っている
・大手のSNSなら人がたくさん居そうだから支援も受けやすそうだから

 

などと軽い発想は後々の身が危うくしてしまう元です。

 

会員制のあるマッチングサイトを利用すればすべて解決!

出会い系

・マッチングサイトは全国区で男女ともに広告を使って集め続けているため安心!

 

・ネット広告

 

・のぼり旗広告

 

・トラック広告

 

・垂れ幕広告

 

など

 

徹底した広告により、助けてもらいたい人と助けてあげたい人が集まっていますよ。

 

・男女ともに18歳以上のみが使えるサイトです。

 

※マッチングサイトは男女どちらも交際目的でみんなが集まっているため、冷やかしや中傷を受けづらいです。
もちろん万が一被害を受けてしまったとしたら、運営元へ通報すると相手が出禁になる場合もあります。
なので安心して使えるサイトですね。

 

Jメール
Jメール

Jメールは誘い飯掲示板へ食べたいごはんを書き込みすれば、すぐにごはんをごちそうしてくれる人がみつけられますよ。

 

さすがに真夜中や早朝よりかは昼間から夕方の方が返事は着やすくなりますね。

 

食べたいメニューとしては、

 

・焼肉

 

・居酒屋

 

・寿司

 

など何でもいいので書いておくと、返事が着やすくなりますよ。

 

もし書き方がわからなくてもすでに投稿済みの内容を閲覧可能なので真似てみるのも早いですよ。

 

Jメール

 

 

\仕事終わりのパパと出会ってみる/

利用料金 利用目的 評価
年齢確認後男性は有料(1メッセージ送信あたり70円分)・女性は無料 パパ活 お金くれるパパ,

 

Jメールで無償支援された出会い体験談

 

無償支援を求めたくて私が使った出会い系サイトはJメールです。
毎月の携帯代を支払うのがきつくなってきたので、本当は両親に頼りたかったのですがコロナの影響をもろに受けてとても頼れる状態ではありませんでした。

 

なのでパパを求めてネットで探しまわっていたのです。
本当はパパ活サイトでもよかったのですが、私よりもベテランな人たちがパパ活をしている気がしてパパが私と会ってくれないだろうとためらいました。
なので昔からあるJメールだと無難かなと思ったんです。

 

Jメールで無償支援してくれる出会いを探すのは比較的簡単でした。
誘い飯掲示板に食べたいごはんをちょくちょく投稿していけばいいだけです。
早くて30分以内でごはんをごちそうしてくれるパパから連絡が着はじめるんですよ。

 

さすがにごはんをごちそうしてくれるとわかったパパと出会うようにしました。
私なんて割り勘で出会うのだけは勘弁して!という思いがありましたからね。
無償支援してくれない人とは出会わないでもよいとすら思っていたんです。

 

会ってくれる人は必ずしもお小遣いをくれるわけではないけど、いろいろなごはんをごちそうしてくれました。

 

もちろん前もってドライブへ行きたい人は断るようにしたおかげで、お礼をいったら帰宅できるようにしておいたんです。

 

私がはじめて会った40代の会社員のとおるさんは、私がまだ25歳だからかすごく喜んでくれてお金をすぐにくれました。

 

どうやら何かをする前にお金をもらうのはパパ活すれば当たり前のようで、私は1万円ほどもらえたのです。
おかげでデザートをごちそうされただけでしたが、すごくおいしく感じました。

 

パパとは帰宅後までにLINEIDを交換しておいたので、お礼をしっかりと伝えたおかげでまた会ってくれるといってもらえました。

 

今もパパとは定期的にお金をもらいながら食事デートをしているおかげで、携帯代くらい余裕で支払えるようになりましたよ。

 

(東京都 20代 ゆみ)